スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰途 ~私が泣いた映画 「愛を読むひと」~

フィウミチーノ空港


ローマのフィウミチーノ空港


まだ旅日記が完結していなかったので、忘れてしまわないうちに書いておこう。

私が帰る日は日曜の夜だったのですが、最後の週末は買い物に行ったくらいで、ぐだぐだな週末を過ごしていました。

忘れてしまわないように滞在メモ...。

5月9日(土)
午前中はIKEAへ。イタリアに行ってなんでIKEAだよっ!って感じなのですが、ちょっと私が行きたい理由があって連れて行ってもらいました。まったくIKEAに興味がない相棒はものすごく退屈そうでしたが、結局10ユーロくらいのテーブルを購入。昼もIKEAの中で食べて、夜はきのこと生ハムのパスタ。


5月10日(日)最終日
午前中はROMAESTという、ローマで二番目に大きなショッピングモールへ。ここ、去年はヨーロッパで一番大きいモールだったらしいのですが、もっと大きいのが出来たんでしょうね。ローマだけでも大きなショッピングモールがいくつもあって、ただ買い物するだけならとっても便利です。ROMAESTへ車意外で行く方法は分からないのですが、車があるなら大きなスーパーや映画館もあるので退屈しません。日本にも進出したH&MZARAもあるのですが、あんまり興味がなかったので素通り。弟に何か服をと思って見ていたのに、連れが飽きてやかましいので、ネクタイを買ってお買い物終了。女性の買い物に男性が付き合っていられないのは万国共通か?お昼もここで食べました。

家に帰ってからは荷物をまとめて、テレビでサッカー観戦。イタリア人って、日曜日はたいていテレビでサッカー観てるんですよね。私は興味ないのであんまり見ないんだけど、これから家までの長い旅が始まるので、体力を温存して一緒にごろごろテレビを見て過ごしました。



6時頃に家を出て空港へ。

去年は事故で道路が渋滞していたので早めに出たのですが、今回は予定よりだいぶ早く到着。

しかし車を駐車するスペースが開いていなくて、ぐるぐるぐるぐる。

ようやく車を止めて、チェックイン。

Webチェックインしてたので、荷物を預けるだけでしたけどね。

時間まで軽食が食べれるところで(とっても不味い)ピザを食べ、またしばしの別れだというのに区だなない話で時間が尽き、いつものように明るくお別れ。

転職して、バカンスが取れる会社に入れたら日本に来てね~。






飛行機は2階席を取っていました。

帰りは結構空いていて、2階席の一番前の席に移動できた。ラッキー♪

ひとつ席を空けてお隣は、初めて日本へ行くというイタリア人男性でした。

彼とは日本の食べ物の話や、乗り物の話などで盛り上がり、成田のパスポートコントロールで別れるまでずっと一緒にいたので、帰りは退屈せずにすみました。

初めての日本旅行どうだったかな?


そして本題。


機内で映画を2本観たのですが、私、その1本で号泣してしまいました。

愛を読むひと
http://www.aiyomu.com/


日本では6月19日(金)より公開です。

私、それまではケイト・ウィンスレットという女優さんを、「タイタニックの人」ぐらいにしか思っていなかったのですが、この映画での彼女はとってもいいです。

アカデミー賞で主演女優賞を取ったのも納得です。

まだ公開前の映画なので、私の感想などは載せませんが、是非観てほしい映画です。

ちょうど機内の照明が落ちて、映画館のような雰囲気の中で観たのでものすごく集中して観てしまい、ボロボロと涙がこぼれてきてしまいました。

まったく共感できない人もいるだろうなぁと思うのですが、私には心にずんとくるもののある映画でした。

私はイタリア語で観たのですが、それがまた良かった。

DVD化されたらプレゼントしてもらおうかな♪



もうひとつはちょっと軽いけど面白い映画。

INKHEART
http://www.inkheartmovie.com/


これは日本でまだ公開されていないようなのですが、アメリカでは今月23日にDVD化されるようです。

『ハムナプトラ』 シリーズのブレンダン・フレイザーさんが主演で、大人も子供も楽しめる映画です。

これも未公開かもしれないので、感想は控えます。

でも面白いです。(こっちはDVDになってから観てもいいかなって感じだけど。笑)

【2009年5月10日(日) 帰国】





というわけで、長々と続いていました旅日記はこれで終了です。こぼれ話やイタリアのことは、これからも日記に登場するとは思いますが、また料理中心のブログに戻りたいと思います。

とはいえ、パソコンをいつ買えるか分からないので、以前のように頻繁に更新できないのですが、写真を撮りためて、時間があるときに頑張って更新します。

ではよい週末を~!(1週間が早いっ。汗)


人気ブログランキングへ
いつも見に来てくれてありがとう↑ポチッと応援お願いします♪
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

お寿司&ドーリア・パンフィーリ宮殿

イタリアでお寿司


ミラノ出張のお土産はお寿司でした


ミラノに出張中だった家主からのお土産はお寿司。

夜中の12時過ぎに帰ってきて、翌朝早くに、

「冷蔵庫にお寿司が入ってるから、お昼に食べてね。」

と言い残して、また仕事に出かけていきました。

イタリア人は日本人より働きものじゃないと言われがちですが、バリバリ働いている人もたくさんいます。


ミラノから電車で3時間、わざわざお寿司を買って持ってきてくれたその気持ちがうれしい...。

家で海苔巻きを作りたくて、「アボガドあるかな?」と、スーパーに行くたびに探していた私。

でもスーパーにあるのは熟してない緑色のアボガドばかりであきらめてました。

お寿司が食べたがってたのを覚えていてくれて、帰り際、お寿司屋さんで買ってきてくれたみたいです。


イタリアでお寿司


具だくさんの太巻き、キュウリがぐるんと巻いてあります


マグロにアボカド、サーモンに海老、白身の魚とかなり具だくさんな太巻き。

キュウリのおかげでさっぱり食べれます。


イタリアでお寿司


サーモンたっぷりのサーモンロール


こちらはちょっと凝ったお寿司で、味付けしたサーモンを具にして、さらにちょっとマリネしたようなサーモンでぐるりと巻いてあります。

ネギとゴマが振ってあって、とってもオリエンタルな味。


イタリアでお寿司


カニのすり身とアボガドが入ってます


サーモンが好きな人なので、お寿司は全部サーモン入り。

このお寿司もサーモンで巻いてあります。

イタリアのお寿司って、まるで前菜をご飯で巻いたようなのが多いんですよ。

そういうのが好まれるのかな?


イタリアでお寿司


すしのことレモンで作った自家製のガリ


こっちに居る間に家でお寿司を作ろうと思って、自分でガリだけ作っていたんです。

ちゃんとお寿司屋さんのガリのような味になってて美味しかった。



たぶん日本だったら電車で3時間かかる道のりを、お寿司を持って帰らないと思うのです。

家に着くのは夜中だし、食べるのは翌日のお昼。

たぶんそれは分かってることなんだけど、なかなかイタリアでは食べれないお寿司を、自分のために買ってきてくれた気持ちがうれしかったです。



食べ終わった頃に、

「日本のお寿司とはまるで違うし、美味しくなかったら正直に言うこと!」

というメールが。

「すごく美味しかったよ!」

返事をしたら、

「昨日作ったお寿司だから、新鮮じゃなかったでしょ?」

と返信が。

新鮮じゃないかもしれないけど、私は本当に美味しいと思って頂きました。



二日間のひとりご飯はいつもの味なのに、いつもより美味しく食べれなかったのは、一緒に食べる人がいなかったから。このお寿司もお昼にひとりで食べたけど、自分のために買ってきてくれたと思うと、じんわりとあったかい味がしました。次はアボカドを探して、一緒に家でお寿司を食べたいな。不恰好でも、綺麗に切れなくても、きっとおいしいと思えるはず...。

【2009年5月8日(金) ミラノからのお土産】








お寿司でお腹いっぱいになった後、街へと出かけました。
今回美術館には1度も行っていなかったので、ドーリア・パンフィーリ宮殿という、宮殿を利用した美術館に行ってみました。

コロッセオの前を通り過ぎ、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂の前の信号を渡ると広い通りに出ます。

ここからコルソ通りに入って少し歩くと、美術館の入り口があります。

音声ガイド付きで8ユーロなのですが、私は音を聞きながら絵を観るのが好きじゃないので、ガイドはお断りして中を見学しました。

残念ながら撮影はNGなので写真はありません。

有名どころはカラヴァッジョの絵なのですが、それよりも宮殿の天井すべてがだまし絵のようになっているのが面白かった。

一軒豪華な彫刻が施されているように見えて、全部絵なんです。(笑)

それもすごいことなんですが、まるでトリックアートの美術館にいるような感じです。

入ってはみたけれど、そんなに見どころの多い美術館じゃなかったかな?



ということで、なんか気持ちが満たされず、ここから歩いてトレヴィの泉方面へ向かいます。



滞在前から行きたいといっていた国立パスタ博物館

実はホームページを見たら、4月は休館で、オープンは5月と書いてあったのです。

もう5月になったし、開いててほしいなと思いつつ、地図を見ながら探したのですが、美術館らしき建物は見当たらず...。

道が違うのかなと思いながら戻ると、Museo Nazionale dell Paste Alimentariと書かれた扉がありました。

細い路地を入ったところにあって、扉の前にはトラックが...。

やっぱり休み、せっかく来たのに残念です。

今はオープンしているみたい。

国立パスタ博物館
Piazza Scanderbeg 117
9.30-17.30  祝日は休館
http://www.museodellapasta.it/


【2009年5月8日(金) ドーリア・パンフィーリ宮殿と国立パスタ博物館】



人気ブログランキングへ
いつも見に来てくれてありがとう↑ポチッと応援お願いします♪


パスタの博物館は見れなかったけど、その晩は家で美味しいパスタを食べました。
この博物館は次回のお楽しみにします。

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

カルチョーフォ&お気に入りの場所

Carciòfo カルチョーフォ


Carciòfo カルチョーフォ (イタリア語)


お祭りで食べて以来気になっていたCarciòfo カルチョーフォ。→過去記事を見てね♪

このゴツゴツした花?は日本語では朝鮮アザミ、英語ではArtichoke アーティチョーク、そしてイタリア語ではCarciòfo カルチョーフォ。

でも日本ではだいたい、複数形のCarciòfi カルチョーフィと呼ばれているみたいです。

(ごめんなさい、めずらしい食材にはトント疎くて...。)


八百屋さんでも、スーパーでも、山のように積み上げられて売っていて、実は去年も1本買ってもらったんだけど、食べ方が分からなくて無駄にしてしまった食材。

今年はインターネットで下ごしらえの仕方をしっかりチェックして、万全の体制でこのゴツゴツした物体に挑みました。



と、ここから写真つきで解説したいところでしたが。



危険 チクチクの棘が指を攻撃!

危険 鱗のように硬い花びら!

危険 アクが強くて爪の間が黒くなるー!




という、「なんでこんなの買ってきちゃったの?」と後悔しそうな代物で、写真を撮ってる場合じゃありませんでした...。

私が参考にしたサイトのとおりにしてみたら、残ったのは元の大きさの10分の1...。

しかもそのあとの調理方法については記載なし。

仕方がないので、これが正しい方法かも分からぬままに、

ただフライパンで焼きました!



カルチョーフォのソテーと目玉焼き


カルチョーフォのソテーと目玉焼き


今晩のメインディッシュのはずだったのに、お皿の隅にちんまりと。

あっ、右上でもさもさしているのがカルチョーフォです。

カルチョーフォとの長くめんどくさい格闘に疲れてしまったので、メインディッシュは目玉焼きです...。

今日はひとりご飯なので何でもいいのだ...。


とっても手間がかかるわりに、食べるところはちょっとなカルチョーフォ。

次回からは迷わずレストランで食べようと思います。

でも本当に美味しい食べ方があったら教えてね♪食事

【2009年5月7日(木) Carciòfo カルチョーフォに挑戦!】



人気ブログランキングへ
いつも見に来てくれてありがとう↑ポチッと応援お願いします♪


さて、街を彷徨いつかれたときに、よく私が休憩しに立ち寄るお気に入りの場所があります。
この日はちょっとお腹がすいたので、ここで軽く食べました。

→続きを読む

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

ローマの平日 ~プチオフ会とサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ聖堂~

のんびりと過ごすローマでの日々。

長い休暇と思っていたのに、3連休を過ぎて、日本へ帰る日が近づいてくると、あっという間だったなぁと思えてきます。

今年はブログを書いていたので、ちゃんと何処に行ったか記録できて良かった!

去年は写真整理もままならず、結局そのままです...。


さて。


ローマは物価が高く、街中では、ピザと飲み物で軽くお昼を済ませようと思っても、5、6ユーロはかかります。

街に行くのにバス代も往復で2ユーロかかるし、ちょっと何処かでカフェを飲んだりすると、日本円で1,300円位遣ってしまうことになります。

短い日程だったら気にもならないんだけど、毎日だと結構な出費。

日も長いことだし、今年はお昼ご飯は家で済ませてから出かける作戦(笑)にしていました。


夜はパスタとか外食になる機会が多くなると思ったので、和食を作って食べようと、お味噌や梅干などを持参したのですが、思ったほどには消費せず。

捨てるのはもったいないし、日本に帰ればいくらでも手に入るものを持って帰るのもなぁと思い、ブログにコメントを頂いたPaperaさんに声を掛けてみたところ、快く引き受けてくれることになりました。

梅干やお味噌のほかにも、使わない食材もまとめてもらっていただくことに。

無駄にならなくって良かった~!

地下鉄の駅の近くのバールで待ち合わせして、お会いすることになりました。



待ち合わせ場所に現れたpaperaさんは、想像していたとおり、スラリとした長身の、とても綺麗な方でした。

自分も女なのに、思わずドキドキしてしまうほど、素敵な人です。(笑)

丁度お昼時に待ち合わせをしたので、ランチをすることに。

近くのレストランでご飯を食べながらお話しました。


えー実は、舞い上がっていた私は、ペラペラと自分のことばかり話してしまっていた気がします。

でも今まで疑問だったこととか、あまり人には言ったことのない話なども聞いてもらえて、私だけ気持ちがすっきり。

なんかお会いできて、お話できてよかったなぁと、私にとっては今回の旅で一番有意義な一日でした。


お昼を食べたあと、paperaさんにティラミスの美味しいお店に連れて行ってもらうことに。

ティラミス、まだ今回食べてなかったのでうれしい~!


POMPI ティラミスクラッシック


私が頼んだのは定番のティラミス


ティラミスは数種類あったのですが、やっぱり定番のClassicoを食べてみなきゃということで、私はこちらを選びました。


PONPI 苺のティラミス


paperaさんは苺のティラミスをオーダーです


paperaさんは苺がたっぷり乗った、苺のティラミスを。

最初に、

「どのくらい大きいんですか?」

とpaperaさんに聞いたときの、2倍の大きさのティラミスが運ばれてきてびっくりしました。(笑)

「大きいよ~!」

と言いつつ、綺麗に平らげました。

人気のお店というだけあってとっても美味しかった♪

ここでも私は一人怒涛のように日本語で話し続けただけでなく、ティラミスはpaperaさんのおごりということに...。

あらためてありがとうございました。ぺこり

この美味しいティラミスのお店はこちら↓

POMPI
Via Albalonga, 7B-9-11
TEL.06-7000418
http://www.barpompi.it/
最寄の駅は地下鉄A線のRe di Roma



さて、このあとpaperaさんの案内で、San Giovanni in Laterano サン・ジョヴァンニ・ラテラーノ聖堂を訪れました。


San Giovanni in Laterano サン・ジョヴァンニ・ラテラーノ聖堂


San Giovanni in Laterano サン・ジョヴァンニ・ラテラーノ聖堂


写真に映っている人と比べてもらうと分かりますが、この教会はとても広くて大きいです。

ローマで2番目に大きい教会だそうです。

壁にある彫刻も、近くで見るとその巨大さにびっくり。

白と灰色と薄いグリーンで統一されていて、とても美しかったです。


San Giovanni in Laterano サン・ジョヴァンニ・ラテラーノ聖堂


教会正面のモザイク画


とにかく全てが大きくて、どこもかしこも、写真におさめるのが難しい。

壁とは対照的に、天井や祭壇には、金が多く使われています。


San Giovanni in Laterano サン・ジョヴァンニ・ラテラーノ聖堂


法王専用祭壇を下から眺めたところ


一枚目の写真の正面に写っている、法王専用祭壇も大変大きく豪奢です。

写真ではうまくお伝えできませんが、とにかく金細工で埋め尽くされた天井や、壁や柱の細工なども細かで、大変豪華な教会です。


San Giovanni in Laterano サン・ジョヴァンニ・ラテラーノ聖堂


あらゆるところに天使が...


この教会、柱の一本一本に天使がいるんですよ。

ぐるっと教会全体を見てまわりましたが、本当に天使がいたるところにいます。


San Giovanni in Laterano サン・ジョヴァンニ・ラテラーノ聖堂


教会正面でパチリ


教会を出たところで写真を撮ってもらいました。

教会に入ろうとしている人と建物を比べてみてください、本当に大きな教会でしょう?

曇り空に見えますが、これは光のせいで、この日はとってもいいお天気でした。


このあと教会の前のベンチに座っておしゃべり。

あっという間に時間が過ぎて、テルミニ駅に着いたときには6時を回っていました。

本当に楽しくて、充実した一日でした。

いろいろ刺激になるお話しを聞けて、うれしかった。

paperaさん、本当にありがとうございました。

【2009年5月6日(水) プチオフ会とサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ聖堂】



人気ブログランキングへ
いつも見に来てくれてありがとう↑ポチッと応援お願いします♪


ゴマ味噌コトナッツ


前の日に作ったゴマ味噌コトナッツも、お味噌や梅干と一緒にpaperaさんにプレゼントしました。paperaさんも、イタリア人の旦那様もぽりぽりしてくださったようで、気に入って頂けてよかった!イタリア人にお味噌はどうかなと心配だったけど、日本食が大丈夫なら、お味噌の味のスナックも大丈夫なのかな。Tivoliに行く列車の駅も分かったし、次にイタリアに行ったときは、電車でTivoliにも足を伸ばしてみたいと思います♪ゴマ味噌コトナッツ

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

ゴマ味噌コトナッツ

ゴマ味噌コトナッツ


お味噌のコクとゴマの香ばしさがぴったり♪


せっかくイタリアにいるんだから、イタリア人が考えもつかないような材料を使ってみなくっちゃ。そこで登場したのが味噌。とっても見た目は洋なのに、どこか和風なコトナッツ。お味噌のおかげでコクが出て、ゴマの風味ともあってとても美味しくなりました。お味噌が嫌いなイタリア人も、このコトナッツは大絶賛。私もすっかりお気に入りのレシピです。ではさっそく作り方~。

【材料】
強力粉.....70g
薄力粉.....30g
味噌.....大さじ2
白ゴマ.....大匙2
てんさい糖.....山盛り大さじ1
塩.....ひとつまみ
バター.....15g
水.....40cc

【作り方】

  1. 1ボールに強力粉と薄力粉、味噌、てんさい糖、塩、水、白ゴマを入れ混ぜ合わせます。
  2. 柔らかくしたバターを加え、手につかなくなるまでよく捏ね、10分間生地を寝かせます。
  3. 生地を麺棒で伸ばし、表面にてんさい糖まぶし成型します。
  4. 160℃のオーブンで30分~35分焼いて出来上がり♪


イタリアで作るコトナッツも3作目。

前から作りたいなと思ってた、味噌を使ったコトナッツを作ってみました。

お味噌はそのままだとイタリア人の舌には合わないんだけど、お菓子に入れたらきっと抵抗なく食べられるはずと思い、ぜひこっちに居る間に作ってみたかった味です。


焼いている間にも、香ばしいいい香り!


いろいろ作ったコトナッツなかでも、これは私かなり好きです。

食べるとお味噌の風味が口の中に広がって、お味噌のほどよい塩気もきいています。


ゴマ味噌コトナッツ


ちょっと濃い味で、細めに作るのがおすすめです



「蜂蜜のコトナッツとこっち、どっちが好き?」

と聞いてみると、

「どっちも美味しいけど、こっちの方が好きかなぁ。」

とのこと。


ゴマ味噌コトナッツに軍配が上がりました♪


このお菓子の中にはお味噌が入ってるということを教えたらびっくりしてましたよ。

バターも使っているし、見た目は洋なんだけど、とっても和の風味です。


このコトナッツは明日会う約束をしている人へのプレゼント。

ラッピングとか出来なくて、アルミホイルで包んじゃいました。


実はこのコトナッツ作りを始める前、中心街まで買い物に出ていたのですが、街に着いて一時間もしないうちに空にはどんよりとした雲が...。傘を持っていなかったので、1軒しか立ち寄っていないのに急いで帰ることに。トラムに乗ってほっとしていると、突然空からヒョウが降ってきて(5月だというのに!)、ヒョウが止んだらこんどはバケツをひっくり返したような大雨。そのあと、乗り継ぎのバスには目の前で行かれ、ザーザー雨の降る中バスを待ち、ようやく家にたどり着いた私はまるで濡れ鼠のようでした。(泣) ヒョウは降らなかったけど、去年も1度同じ目にあったのよね...。やっぱり雨女だわ!

【2009年5月5日(火) ゴマ味噌コトナッツ】







明日の朝から、急な出張でミラノに行くということで、二日間ひとりで家でお留守番をすることに。

その日の夜は中華を食べに行こうということになり、近くのチャイニーズレストランへ行きました。


チャイニーズレストラン 春巻き


Involtini primavera 春巻き 1本1ユーロ


英語でも春巻きは"Spring Roll"なんですよね。

中身はキャベツと人参のシンプルな具、これにスイートチリソースが付いてきます。

このスタイルもアメリカのチャイニーズレストランと一緒なので、たぶんそちらを真似したんだと思います。

1本1ユーロは高いなぁ、皮さえあれば自分で作ったほうが美味しそう...。


チャイニーズレストラン チャーハン


Riso con verdura 野菜のチャーハン


こちらはお皿に山盛りのチャーハンで、ご飯がサラッとしていて美味しかったです。

日本のお米で作るとご飯がもっちりしていて、なかなか上手にチャーハンって作れないんですよね。

こういう縦長のお米の方がチャーハンにも合うと思う。

アメリカにいた頃も、よくチャイニーズレストランにはお世話になったけど、日本料理店に比べると断然中華は安いです。

よく映画にも出てくるように、箱に入れてお持ち帰りも出来るし、私もよく食べてました。

ここで食べた味も似たような感じなので、本格的中華というよりもアメリカンなチャイニーズという感じの味です。

本当に本格的な中華なら、もっと、もっと値段が高いですしね。

日本で食べる中華とはちょっと違うけど、これはこれで好きだったりします♪


写真はないですが、他に野菜のビーフン、チキンとタケノコの炒め物を頼みました。

「餃子も食べようか?」

と話していたのですが、チャーハンを食べ終わったらお腹いっぱい。

ちょっと興味はあったけど、食べきれないので断念です。


メニューの麺類のところ、全部に"Spaghetti(スパゲッティ)"と書いてあるのが可笑しかった。

日本で言うところの、焼きそばはどれだったんだろう?

【2009年5月5日(火) チャイニーズレストラン】



人気ブログランキングへ
いつも見に来てくれてありがとう↑ポチッと応援お願いします♪


旅日記覚書...。

→続きを読む

テーマ : スイーツ   ジャンル : グルメ

プロフィール

あね

Author:あね
ごはんを作る、服をつくる、マイペースです。

簡単ソーイング

袋物の作り方を解説しています。入園・入学の準備にお役立てください。

巾着袋の作り方

裏地付き、マチ付き、折りマチなど、いろんな巾着の作り方を詳しく解説。

ファスナーポーチの作り方

裏地つきのファスナーポーチの作り方を詳しく解説。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を一覧する

人気のレシピ♪
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
お気に入りブログの更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。