スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シモネッタの本能三昧イタリア紀行 田丸久美子

シモネッタの本能三昧イタリア紀行
シモネッタの本能三昧イタリア紀行
田丸 公美子著


お久しぶりです。

夏には滅法弱い私は猛暑にこてんぱんにやられてました。

でも夏ってこんなに暑かったっけ?

今年の夏は特別暑いと思うんだけど・・・。



久々のブログの更新、この夏はまって毎日食べてるものをアップしようと思ったけど、その前に読書記録を。

図書館で借りた本なので、もう返却日が迫ってて、その前に感想を書いておこうかなと。



まず、この著者の本は何冊か読んでいて、目からハムパーネ・アモーレシモネッタのデカメロンと全部図書館にあるものばかり読みました。

通訳の苦労話や裏話を扱った本はとても面白いんですが、恋愛について書いたものは正直おもしろく、、、ない。

「そりゃ日本人と比べたらいろいろあるよ、イタリア人に限らずね・・・。」

と思うようなエピソードばかりで退屈なのです。

で、この本も正直それほど物珍しくもなく、とっても普通のエピソードばかりで、舞台がイタリアというだけでして、しかも著者が若い頃に経験したことを書き綴っているので時代がすごく古い・・・。

まぁ、あまり変化を好まないイタリア人ですから、今も変わらない部分もたくさんあるでしょうが、何だかちょっと時代遅れな感じは否めなせんでした。



それと一番初めのローマの章かな?

騙されたり、酷い暴言吐かれても、それでも生き生きとしてるイタリアは日本よりも魅力的!

というような文章にうんざり・・・。

ローマの町の汚さぐらいうんざりで、読むのをやめようかと思ったほどです。



まあ、なんだかんだいいつつ最後まで読んだんですけどね、もっとじっくりとそれぞれの町のエピソードを、無理に下ネタに絡ませずに、なかなか観光では見られないイタリアの素顔について書いてたら面白かっただろうなと。

むしろ現代のイタリア人に問うた恋愛事情なんかを、昔と比較して書いたら面白いかもね。



日本のファッション誌の名前、Domani(明日)、Oggi(今日)ってイタリア語なんだよね。「知的に品よく」なんて、まったくイタリア人のイメージじゃないのだが・・・。子供服の洋裁本とか、なんで外国人の子供をモデルに使うのかしらね。自分の子供に何か服を作ってあげたいなぁって思ったら、絶対に同じ年恰好の日本人の子がモデルの本の方がイメージが沸きやすいと思うんだけど。コンプレックス?


スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ   ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

あね

Author:あね
ごはんを作る、服をつくる、マイペースです。

簡単ソーイング

袋物の作り方を解説しています。入園・入学の準備にお役立てください。

巾着袋の作り方

裏地付き、マチ付き、折りマチなど、いろんな巾着の作り方を詳しく解説。

ファスナーポーチの作り方

裏地つきのファスナーポーチの作り方を詳しく解説。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を一覧する

人気のレシピ♪
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
お気に入りブログの更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。