スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lekue ルクエ

Lekue ルクエ


Lekue ルクエ モニター当選しました♪


色がクリアなので写真が見えづらいですが、欲しかったルクエをレシピブログさんより頂きました。

先月お友達のお誕生日にプレゼントして、自分も欲しかった品だけにうれしい!

電子レンジはもちろん、オーブンにも使えるので、何を作ろうかワクワクしてます。

モニター当選なので、まずは応募するレシピを考えなくちゃね♪


えのきとシソの豚肉巻き弁当


えのきとシソの豚肉巻き弁当


・えのきとシソの豚肉巻き
・ターサイ、人参、竹輪の炒め物
・ちょっと甘めの卵焼き
・シイタケ昆布

軽く塩コショウをした豚の薄切り肉で、えのきとシソを巻いてます。

上の写真はわたしのお弁当箱ですが、家族分のお弁当はおかずがもうちょっと多めです。

私は朝に紅茶をたっぷりと、ケーク・サレを2切れ食べるので、お昼は少なめが丁度いい。


携帯が修理されて戻ってきました。修理代が1万6千円くらいかかってましたが、保険(?)のようなものに入っているので全額無料。結局基盤を交換したらしいのですが、基盤の交換は今回で2度目・・・。毎回違うエラーを起こすこの携帯、次は何で修理に出すことになることやら。 スマートフォンも考えたけど、まだ当分普通の携帯電話でいいなぁ。でも今のipod touchは欲しいかも?
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

グリーンピースと人参のケーク・サレ

グリーンピースと人参のケーク・サレ


ほのかに甘いグリーンピースのケーキ


朝、紅茶とケーク・サレ2切れを食べるのが習慣になってます。

あまり朝から肉系は食べたくないので、野菜だけを使ったケーク・サレ。

春に冷凍しておいたグリーンピース、そろそろ消費してしまおうと、ニンジンと一緒に入れました。

ところどころに塩味を感じたほうが、野菜の甘みも引き立つので、ドライトマトも3枚ほど入れて、優しい味のケーキの出来上がり。



グリーンピースと人参のケーク・サレ


野菜たっぷりなのに、やっぱりケーキだなぁ


お豆もニンジンも甘みがあるので、おやつにしても満足できそう。

これからの季節、あとはどんな野菜がケーク・サレに合うかな?

カボチャとか、ほうれん草も試してみたいなぁ。



豆ご飯と蒸し鶏のお弁当


豆ご飯と蒸し鶏のお弁当


お弁当用にグリーンピースご飯も炊いたので、朝も昼もマメマメです。(笑)

おかずは蒸し鶏、蓮根のきんぴら、ほうれん草のおひたし。


携帯が壊れました・・・。実は今の携帯、修理に出すのが3度目!買った当時から不具合が多くて、2度目の修理では基盤も換えてもらったのに、またおかしくなった。機種変更してもよかったんだけど、無償で直せるならもうちょっと使って、買い換えるならよく考えて選びたいし。「もう古いんだから新しいのにしなよ。」って言われたんですけどね、そんなに傷も付いてないし、まだ3年使ってないんですよ?携帯でネットしないし、音楽も聴かないんだから、私は通話とメールさえ出来れば、古さは気にならないんだけどなぁ。

テーマ : 簡単レシピ   ジャンル : グルメ

玉ねぎとベーコンのケーク・サレ

玉ねぎとベーコンのケーク・サレ


バジルの香りがふんわり香るお食事パン



先日図書館で野菜が主役のケーク・サレの本を借りてきました。

ケーク・サレとは甘くないお食事用のケーキのこと。

寒くなってきたので、最近はオーブンを使った料理の出番が増えてます。

レシピを見たらとても簡単だし、強力粉がたくさんあったので、さっそく冷蔵庫にある材料でチャレンジです♪


玉ねぎとベーコンのケーク・サレ


パウンドケーキ型で焼きました


具材に使ったのは、玉ねぎ1個、ベーコン4枚、バジルペースト、ドライトマト(オイル漬け)、材料だけ見るとイタリアンですね。

バジルペーストとドライトマトがオイルを含んでいるので、本にあった基本のレシピのオイルの分量を加減して、お手本どおりに作ってみました。

作り方は気が抜けるほど簡単で、具材を切る→材料を入れて混ぜる→焼く、こんな感じ。

パンよりも簡単、手間なし、短時間で出来上がりです。


玉ねぎとベーコンのケーク・サレ


塩味だけど、ケーキのようにお皿にのせて・・・


野菜に水分があるので、焼きあがったらケーキクーラーや、布巾の上において冷まし、湯気を抜きます。

冷めたら2cmくらいの厚さで切り分け、ラップをして冷蔵庫に。

食べる時はオーブントースターで温めて食べます。


玉ねぎとベーコンのケーク・サレ


BPが入っているので、生地がふわふわです


今日は待ちきれなくて、ちょっと冷めたくらいで味見。

ふわふわのお惣菜パンのような出来上がり。

玉ねぎの甘さと、ふんわり香るバジルでお腹がぐー。

食べた感じはとっても軽く、でも生クリームは入ってるのでコクがあります。

具材のアレンジが豊富なケーク・サレ、ちょっとはまってしまいそうです。


野菜が主役のケーク・サレ―朝食、ブランチ、手土産に!具だくさんのお惣菜ケーキ
野菜が主役のケーク・サレ
―朝食、ブランチ、手土産に!具だくさんのお惣菜ケーキ

林 幸子

関連商品
ケーク・サレの本 (マイライフシリーズ 743 特集版)
ケーク・サレ―フランスで覚えたお惣菜ケーキ
ケーク・サレ

基本の作り方と、どれもこれも美味しそうな具材のアレンジがのっていておすすめです。

テーマ : 簡単レシピ   ジャンル : グルメ

おじゃみ 神狛しず

京都怪談 おじゃみ (幽BOOKS)
神狛しず
メディアファクトリー 2010-05-19
古民家に暮らす妻、由緒ある家に嫁いだ若奥様、古くからの町家で祖母・母と暮らす妙齢の女性、京都の大学生、女子高の生徒…。さまざまな「京おんな」の生きざまを描く六つの怪異物語。『ダ・ヴィンチ』『幽』主催第4回『幽』怪談文学賞短編部門大賞受賞作。


京都へ旅したあと、なんだか京都を舞台にした話や、時代物が読みたくなって、何冊か図書館で借りてきました。

表紙に「京都怪談」とは書いてあるものの、挿絵はなんだか可愛らしいし、タイトルの字もマンガチック。

この本が「第四回『幽』怪談文学賞 短編部門大賞受賞作」だなんて露知らず、ちょっと笑える短編集なのかなぁぐらいに思ってました。


やられた・・・。


強烈です、超強烈です!

でもかなり面白いです。

「おじゃみ」に関して言えば、面白いなんていうこと事態不謹慎だと"普通なら"言われる内容なのに笑えてしまう...。

でも怪談なんです、大賞受賞作なんです。

だから怖いことは、怖いのです。

なんだろう、たとえて言うなら、怖いのに気になる、どうしてもページを捲ってしまう、、、


楳図かずおの漫画的!


自分ではうまく伝えられないこの心情、巻末にあった高橋葉介氏の選評がそのまま代弁してくださっていました。


「おじゃみ」は京言葉で語られる、何とも人を喰った怪談、ついついお茶のCMで京言葉を使う宮沢りえを思い出し、映像化するなら彼女に『悪魔の様なお母さん』を演じてもらいたいものだと思います。
この母親のキャラクター、最高です。
「図にのるな」と大きく振りかぶって大黒柱におじゃみちゃんと投げつけ打ちつけ気絶させたあげく火を放ち、生き埋めにする描写はもう残酷とかを通り越していっそ笑えます。


ね、怖いでしょう?


私はすっかりはまってしまいました。


短編集なので、この1冊に6つの話が収録されています。

どの話もものすごーく人間くさく、主人公はみな京女でしてね、どのお話の女性も「ひーーーっ、京女って怖っ!」と思ってしまうような個性的な方々が登場します。

「おじゃみ」はその坦々とした冷酷さ、醜悪さではぴかイチですが、私が一番好きな(?)話は「増殖」です。

怪談でありながら面白く、恋愛物でもあり、光景はすさまじく恐ろしいのに、最後は爽やかな気持ちになるという、私てきにはツボでした。


オチだけで言ったら「前妻さん」も捨てがたく、いやぁ、とにかく面白かった!


短編部門での大賞は、他に「住処」谷一生(単行本化にあたり「富士子」に改題)という作品もあり、こちらも選評を読むと面白そうなので、次はこちらを読んでみようと思います。

秋の夜長にホラー、いかがですか?

テーマ : 読書メモ   ジャンル : 本・雑誌

噂の方法で「焼きそば」を作ってみました

旅行中に撮った写真、ゆうに1000枚以上あるらしく、なかなか手元に届きませぬ...。

写真だけでなくビデオもいっぱい撮っていて、全部送ると相当なメガ数になるらしい。

忙しいのを知ってるだけに、早く送ってくれとも急かせないので、年内に届いてくれことを願いましょう。(笑)



塩焼きそば


かなりお気に入りだった「塩焼きそば」



旅行中の食事は、ソース、ケチャップ、マヨネーズを使っていなければ何でもOKなので、ほぼ100%和食。

和食とも言えないけど、ソースを使わない写真の「塩焼きそば」はかなり気に入ったらしく、「何が美味しかった?」と尋ねると、常にベスト3に入ってましたね。

私もソース味より塩の方が好みなので、ちょっと家でもチャレンジしてみました。



【材料】
細めのパスタ.....50g
キャベツ.....2枚
豚肉.....30g
イカげそ.....少々
もやし.....一掴み

(調味料)
・塩.....少々
・胡椒.....少々
・オイスターソース.....小さじ1


【作り方】
  1. 麺はこちらの方法で茹でます。→裏技★スパゲティを一瞬で中華麺にする方法
  2. 豚肉を少量の油で炒め、イカげそ、キャベツ、もやしもしんなりするまで炒めます。
  3. 茹でた麺を水切りして、フライパンに加え、塩コショウ、オイスターソースで味付けします。
  4. お好みで紅ショウガを添えて出来上がり。



焼そばを使わずに、パスタを使って中華麺を作る方法は、かなり以前にどなたかのブログで読んで知っていたのですが、実際に試してみたのは今回が初めて!

私が最初にこの方法を知ったのは、確かイタリア在住の方のブログで、かなりの多くの方から反響のコメントが載っていたのですが、URLが分らず・・・。COOKPADにも同じ方法が写真付きで紹介されていたので、わかり易いようにリンクさせてもらいました。

実験のつもりで作ったので、カメラの準備はしておらず、実際に自分で作った焼そばの写真はないのですが、言われなければスパゲッティを使ったと分らない出来でした。

まず、茹でたあとのお湯が、ラーメンを茹でた時のように黄色になり、パスタのつるんとした食感がなくなり、中華麺ぽくなるんですね。

焼そばの麺って常に冷蔵庫に常備してあるものではないので、急に焼きそば作りたくなった時、この方法はありだと思います。

「もうとっくに知ってるよー。」

って言われそうですが、試したことのない人は是非一度チャレンジしてみてね。


この方法を早速イタリア人にも教えましたらね、「面白い方法だと思うよ、でもね、そんな邪道な方法でパスタは茹でられない...。」と言われました。まぁ私も、お米を研がずに使う料理法には抵抗があったりするので、伝統的なパスタの茹で方に反するこの方法を試す気になれないってのも分らないでもない。焼そばもラーメンも、家で気軽に作れると知ったら、絶対にはまると思うんだけどなぁ。

テーマ : 簡単レシピ   ジャンル : グルメ

ただいま

日本国内、西へ東へあちこち旅して帰ってきました。

短期間にこんなに何度も電車や新幹線に乗るのは初めてだったかも。

各地の駅で情報収集して、バスや地下鉄を駆使していろんな場所を巡ってきました。



前半は西日本、一度実家に戻ってのんびりしてから、東京近辺をうろうろ。

雨の日が多かったけど、東京に来てからはずっとお天気に恵まれたのでよかったです。

京都、名古屋、地元、仙台、東京、鎌倉、横浜と、短い期間に随分回り、本当に様々な路線の電車に乗りました。

鉄ではない私でも楽しかったな♪



食事もその日の気分で食べてましたが、充実してましたよー。

お蕎麦屋さん、居酒屋さん、築地でお寿司、定食屋などなど、ずっと日本食を希望してくれたのですごく楽でした。

最終日にカレーとスープを食べた以外は、家にいるときも含めてほぼ和食。

お陰で体重増加もなくすんでほっ。

その代わり、甘いものは毎日食べちゃったけど。(笑)



まだ写真が届いてないので、旅行記はまた後ほど。

「写真送って~。」とせっついて、忘れないうちに書いておきたいと思います。



山下公園


横浜にて 山下公園で夜景を見ながら海辺を散歩



鎌倉、横浜を回ったときの一枚。

今回ほとんど私は写真を撮らなかったので、デジカメにこれくらいしかなかった。

中華街で夕食を食べた後、大きい肉まんも食べたかったのに、満腹すぎて入らなかったのが無念。

あのふかふかにかぶりつきたかったのになー。

↑せっせと夜景の写真を撮っている間、私はというとベンチで動けなくなっておりました。

氷川丸のところから、赤レンガ倉庫までのお散歩して、また電車と地下鉄を乗り継いで東京の宿へ。

少し肌寒かったけど、空は澄んでいて、夜景も美しく、お腹も満たされて、なんとも幸せな夜でありました。(爆)



鎌倉の鶴岡八幡宮で、小学生がハトに餌をやっているのを見て、自分も俄然やりたくなってハトの餌を買いました。手に餌を乗せた瞬間にハトが腕めがけて飛んできて、腕に乗ってるハト同士が餌の奪い合いをし始めて怖かったよぅ。 前の日に買ってもらったばかりのダウンジャケットを着ていたので、汚したくなくて脱いで仕切りなおし。ハトを両手に乗せて、笑顔でビデオ撮影してもらったけれど、腕がハトの爪で傷だらけになりました…。 生き物を腕に乗せると、ちょっとナウシカ気分になります。(え?)

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

旅の途中

清水寺


夕日 清水寺にて



先週から旅に出てます。

今は家に戻ってのんびり、そしてまた新幹線に乗ってあちこち観光する予定。

お天気に恵まれないのがちょっと残念だけど、いろんな町を地図片手の歩くのは楽しいですね。

写真はいっぱい撮ってるけれど、今回のカメラマンは私じゃないので、データをもらったらゆっくりと今回の旅を振り返りたいと思います。

明日は次に行く町の情報収集。

便利に使える1日券や、雨降りだった時のために美術館や博物館もチェックしておかないとね。

では戻ったら旅日記書きます~。

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

プロフィール

あね

Author:あね
ごはんを作る、服をつくる、マイペースです。

簡単ソーイング

袋物の作り方を解説しています。入園・入学の準備にお役立てください。

巾着袋の作り方

裏地付き、マチ付き、折りマチなど、いろんな巾着の作り方を詳しく解説。

ファスナーポーチの作り方

裏地つきのファスナーポーチの作り方を詳しく解説。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を一覧する

人気のレシピ♪
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
お気に入りブログの更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。