スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の写本師 乾石智子


夜の写本師
 乾石智子
右手に月石、左手に黒曜石、口のなかに真珠。三つの品をもって生まれてきたカリュドウ。だが、育ての親エイリャが殺されるのを目の当たりにしたことで、彼の運命は一変する。女を殺しては魔法の力を奪う呪われた大魔道師アンジスト。月の巫女、闇の魔女、海の娘、アンジストに殺された三人の魔女の運命が、数千年の時をへてカリュドウの運命とまじわる。エイリャの仇をうつべく、カリュドウは魔法とは異なった奇妙な力をあやつる“夜の写本師”としての修業をつむが…。


去年かな?いやもっと前かな、ジョン・ダニングの「死の蔵書」の続編の「幻の特装本」というのを読みまして、ちょっと本の装丁などに興味を持っていたので手に取りました。

内容はファンタジーで、いまいち気分が乗らなかったのですが、作者が同郷で、しかもこの本がデビュー作だったので、ちょっと応援する気もちで読んでみたところ。

これがデピュー作ですか?!

というくらいよく出来ていました。

情景の描写もなめらかだし、千年に及ぶ壮大なストーリーでありながら、世界観がまとまっていてブレがない。

現代から始まって、過去の物語、そして現代に繋がって終結という流れも、きちんとその時代を書くための伏線が用意されていて、きっちり完結するので読んだ後に物足りなさが残らない。

何よりも「写本師」という職業に授けた能力の設定が斬新。(ここネタばれっぽいのでぼかします。)

出てくる街の名前とか、人の名前が頭に入らなくて最初何度か行きつ戻りつして読みましたが、この作家さんの次の作品も楽しみです。

でも、プロフから「1999年教育総研ファンタジー大賞受賞」とあるのですが、この本が出版されるまでに干支が一回りするほどの時間がたっているので、次の作品が読めるのはいつなのかなぁ...。

何年かぶりに骨太のファンタジーを読みました。


こんな夜中に何ブログ書いてるの私?なんですが、昼間暑かったせいか、体がポカポカして眠れないんです...。節電なので最近はよく読書してます。というか、イライラするようなニュースばっかりで、テレビ見たくないんです。(えぇ、あの明智光秀並みの速さで退陣した大臣さんの一件以来イライラしてばかりです、私。)今日の牛のお話も、1軒の農家さんの過ちで終わらせたりしないでね。あの頃、ガソリンもなく、スーパーの棚はガラガラで、人間だって食べるものに窮するかもしれない不安でいっぱいでした...。避難しようにも燃料はなく、引越し業者も福島には入りませんと言ってた頃です。置き去りにされた動物の映像に号泣しましたよね?もっと国がしっかりしていたら、出荷されることはなかったでしょうね。メンツがどうのこうの言ってる暇があったら、暮らしている人の身になって考えて欲しいですね。本気で!
スポンサーサイト

テーマ : 読書メモ   ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

あね

Author:あね
ごはんを作る、服をつくる、マイペースです。

簡単ソーイング

袋物の作り方を解説しています。入園・入学の準備にお役立てください。

巾着袋の作り方

裏地付き、マチ付き、折りマチなど、いろんな巾着の作り方を詳しく解説。

ファスナーポーチの作り方

裏地つきのファスナーポーチの作り方を詳しく解説。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を一覧する

人気のレシピ♪
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
お気に入りブログの更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。