スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスタに○○を置いてはならない

ウンブリア州 オルビエート


ローマから北へ ウンブリア州オルビエートの街角



えー、昨日、今日とくしゃみがひどくて薬を飲んでいるんですが、普段薬にお世話になることが滅多にないので、もう眠くて、眠くて...。Zzz。。。

毎年この時期になると同じ症状なんですが、今の季節ってなんの花粉が飛んでるんでしょうね、家から1歩外に出ると、もう家に戻ってからもくしゃみが治まりません。

この新型インフルエンザの広がりが懸念されている時に、花粉症って私...。

なんかずれてるけど、マスク買っておいてよかった♪マスク



冒頭の写真は今日の日記には関係ないです、すいません。

ただ今月はまた大連休があるし、海外旅行に行く人もいるのかなぁなんて思ってね、もし私が行けるんなら田舎のほうがいいなという、単なる願望です。

今日は「きのことベーコンのパスタ」をブログに載せる予定だったんですけどね、久しぶりにダメだし王子より手厳しいダメだしが出されまして、火に油をそそぐのは危険と思い断念。

オレガノのタラッリの記事の後半に、つくレポで「アボカドとたらこのスパゲッティ」の写真を載せたのですが、これがお気に召さなかったようで...、(注:つばめくんの考えたこのパスタは事実非常に美味しいので、そこは誤解なきようお願いします。)


ダメだし王子は言いました:
僕は君にパスタの作り方を教えなくちゃならないね、何度も言ってるけど、パスタはソースが大事なんだよ。そして君はちゃんとSaltare(フライパンの中でパスタとソースを絡めることだと思う...。)していないだろ?前に教えたよね?どうしてやれないの?

それに、パスタの上にのってるのは何だい?

どうして君はパスタの上にアボカドを置いちゃうの?!(怒)


(それは美味いからだよ、当ったり前だろ?by 心の声)


先日のがっちゃんのブログの記事でもイタリア人のパスタに対するこだわりぶりが垣間見れておりましたが、イタリア人がパスタについて語りだしたらやかましのです。

以前にも、「茹ですぎだ!」とか「卵をのせるな!」とか、もうパスタをブログに載せてしまった日は必ずダメだしされてたのですが、最近もうブログの方は見てないなと思ったら油断してました...。

まぁ100歩譲って、イタリアの流儀に反したパスタを作ったことには謝りますが、最後に言われたこれは、、、


アボカドは寿司にのせるものなんだよ!アボカド


いや、それは違うぞイタリア人。もしもし...。


ローマの奇妙な寿司


ローマの寿司屋じゃイチゴも握ってたよね?



パスタにアボカドのせるのも、寿司にイチゴをのせちゃうのも、まぁどっちもどっち。

(単なる食文化の違いだろ...。)



というわけで、今日は予定していたパスタの記事はお蔵入りにして、当分パスタ以外のお料理で行こうと思います。

最後にサンクスレポ~!


★ 今日のありがとう ★



☆☆☆☆☆☆☆のstella cadenteさんが、茹で鶏を作ってくださいました。
あんかけの麺にチャーシューのように添えて。きれいな丸に仕上がっていてとっても美味しそうです♪
記事週末レヴューで紹介していただきました。ありがとうございます♪
茹で鶏 
そしてつばめくん、すっかり遅くなってゴメン!つくレポのつくレポで、つくレポ返しの「きんぴらエッグ丼」。あのあたり、頭の中がすっかり目玉焼きに占領されていて、すっかり忘れてた...。立て続けにさばの甘辛どんぶり返しをしたってことで許して♪私のよりずっと美味しそうなアレンジタモリ丼 第2弾?!「きんぴらエッグ丼」。きんぴらエッグ丼 

もしこちらのレシピを見て料理を作ってくださった方が入れば、ぜひコメント欄でお知らせください。ブログを持っている方のところにはお礼にうかがいます!



なんか眠くってぼけぼけなので、コメントいただいている皆様のところには明日(もう今日だ...。)伺いますっ!
関連記事

テーマ : イタリア   ジャンル : 海外情報

あっはっは!久々登場だね~
ダメ出し王子☆
確かに、やかましいわ!!って言いたくなるけど…
まぁ昔からパスタ文化の?あるイタリア人ならではのコダワリなんだろうなぁ~~
でも、あねちゃんのお友達には悪いですが、それを人に押し付けちゃいけないよね。
そして、アボガドに寿司って…それも先入観でしょ(笑)
色んな食べ方あっていいじゃない~~><
って思うんだけどなぁ(´ω`)

今の時期だと稲花粉かな~。
そろそろ穂が出始めてない??
無理しないでね~☆

思わず

吹出しそうになりました!
アボカドが寿しの上って...(-"-;)
ところ変わればって言いますが 余りにも...ですよね
つ~かイチゴが寿司の具材って
ある意味日本を冒涜してるってば ( 笑 )

でも結論からいけば美味しきゃ良いのだ♪

ガーン・・・・
ごめんなさいね。せっかく作ってくれたのにダメだし受けて。

でも自分が好きなようにやるので気にしないでいくよ~!!!

★蓮ちゃんへ★

可笑しいでしょ、帰ってきたダメだし王子ネタよ。
まぁ、パスタはイタリア人のソウルフードですし、聞いてると面白いのでありがたくお言葉は受け止めるようにしています。
(しかし実際にやるかどうかは別なのねー。笑)
カリフォルニアロール(そのアボカド寿司)だって、日本人がアメリカに渡って、生魚を食べないアメリカ人向けに作ったんだろうし、実際に美味しい♪
日本人っていろんな食の文化を融合するのが上手なのよ、だから肉まんだけじゃなくてピザまんとかカレーまんとか、もう果てしなく味のバリエーションを増やしていけちゃうし、柔軟にそれを受け入れる。
日本ほどB級グルメにあふれてる国ってないと思う。

なんだかんだ言っても、毎回ダメだしをネタにして楽しんでるから良しなの♪

★komomoさんへ★

笑ってくれてありがとう。
あのね、実はこのイチゴ寿司、おかわりしちゃうくらい美味しいのよ♪
日本のイチゴほど香りが強くないところが幸いして、他の具とうまくマッチして、さっぱりした味わいです。
横にちょこっと添えてあるソースは豆板醤テイストだし、もはや日本すら飛び出しちゃってます。
そしてここのお寿司屋さんはイタリア人でいっぱいなんだけど、作っているのはみんな日本人なのだ。
ウニとかトロとか食べれない私は、アボカドとかイチゴの寿司の方が好きだったりする。

外国で出される寿司は、寿司ではなくSushi(スゥシィ)なのです。(笑)

★つばめくんへ★

ごめん、つばめくんは何にも悪くないの。
あとで一文追加しておく。

梅干のおにぎりかと思ったら、中にオリーブの実が入ってたくらいのことなのよ。
そして結果美味しければいいじゃんって。

イタリア人が何を言おうと、私はたらこスパにはアボカドを添えるよ。
だって美味しいんだもん♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あねさん、こんにちは(o^∀^o)
わたしもアボカドと明太のパスタ作ったけど、美味しくて感動でした♪
やはり食べもの文化の違いなんでしょうね~。絶対これは譲れないっていうポリシーが感じられます。

花粉というと春先のイメージがあるけど、
いまの時期も辛いんですね(≧∇≦)
しばらくはマスクとお友達ですね(爆)どうか早く治まりますように…☆

★こころちゃんへ★

私もねこれは毎回アボカドはいれなきゃね!という美味しさでした♪
夜だったから写真がうまく撮れなかったんだけど、見た目もグリーンとピンクで綺麗だよねー。

いろんなことにこだわるのがイタリア人なんだけど、コーヒー、パスタ、アイロンがけあたりは特にうるさいよ。
まったく価値観が違うんだけど、話してると面白いからよくブログのネタにしてます。(笑)

こころちゃんがつばめくんに送ったシフォンケーキもすごく美味しそうだったよ~。
紅茶のシフォンにお腹がぐーーーっとなりました。

今日は雨混じりのせいかくしゃみがでなくってほっ。
でも昨日鼻をかみすぎて、鼻の穴が痛いよっ。

ダメだし王子、サイコーです!
パスタにアボカド、とっても美味しそうなのにー!
イタリア人って、食に対して保守的なところとかありますよね~。
私の義父なんて、マクロビ一筋なので・・・ご招待の時のメニューに困ります。
日本人の食への好奇心ってすばらしいですよー!
でも、寿司の上に苺は・・・

リンク貼っていただいて、ありがとうございました♪

★stella cadenteさんへ★

面白いでしょ♪
どんなに王子が吠えても、馬の耳に念仏な私。
ひそかにダメ出しをネタにして楽しんでます。(笑)

あぁ、マクロビ...。
自分も実行していれば難しくないんだろうけど、陰とか陽とか難しい。

パスタにアボカドはとっても美味しいよ。
海老と合わせたことはあったけど、たらこは本当にグッドマッチ!
イタリア人が食に保守的というよりは、私たち日本人が食に柔軟すぎるのかも。
本当にいろんな国の味を取り入れて、日本独自の文化を作るよね。
カレーとラーメンなんてすっかり日本の味ですし!

それから苺のお寿司は美味しかったの!
私、お代わりしたかもしれない。
とにかくいろいろ食べた中で一番美味しかった。
もう一回食べたい~。

遅くなりました

すいません文中リンクいただいてたのに・・・
お礼に来るのも遅くなりました。
えっと、そうそう、スシにイチゴを乗せる君に言われたくない。って感じです。
なんだろう、食べ物って文化であると共に、一つの価値観なんですよね。だからそれを否定されるのは結構ツライ。
今イルカを話題にした映画でバッシングを受けていますけれど、確かに私自身はイルカもクジラも食べないけれど、だからと言ってそれを食べる人を攻撃するつもりはないんですけれど、そのあたりの温度差と同じで、自分が食べているものが世界一だと疑わないイタリア人にとっては、ダメ出ししたくなるんでしょうね。
どうでもいい話ですが、私は最初

   「ダメ出し玉子」

と読んでしまって、そんな自分を笑いました。だって「ダシマキタマゴ」みたいなんだもん。

★がっちゃんへ★

いえいえ、こちらこそ文中リンクのご報告もせずにすいません。
たぶんご一報入れようと思ってそちらにお邪魔したと思うんですが、ついついブログの記事が面白くって、自分のコメントだけ書いて帰ってきて、すっかり文中リンクのことは頭からぬけちゃってたと思われます。(笑)

「ダメだし玉子」

ちょっとお腹がねじれるくらい笑えました...。
いや、当の本人は全く王子様というキャラとは程遠く、むしろ「出汁巻き卵」に近いので、もう笑いのツボに入って苦しいです。
玉子は、否、王子はですね、否定するというよりは「より美味しいものを食べてほしい!」という気持ちが強いので、私にうるさく言うんですよ。
現に、イタリアで「ジェラート食べたいなー。」なんて言ったら最後、近くにお店があっても止まってくれず、車で何十分もかけて本人が美味しいお店と認定しているところまで連れて行かれます。
イチゴ寿司のお店もね、握ってるのは日本人なんですよ。
お寿司らしいお寿司もあるなかで、実はこのイチゴ寿司はそれを上回る美味しさで、逆に異文化の中で日本人頑張ってるなーと思わせる一品でした。

イタリアで食べる日本料理は、アメリカのそれに比べれば断然美味しいと思います。
私、ラーメンという名の、そうめんのつゆに入った、グダグダに茹でられたパスタを出されたことがありますもん...、しかも揚げたチキン入り。(--;

今後もダメだし玉子の暴言がブログに登場することもあると思いますが、彼なりの美味しいものへのこだわりがそうさせているだけですので、どうぞ怒らずに笑ってやって下さいまし♪(笑)

ダメだし王子。
やるね~。
わらえるね~。
きっとダメだし王子、イギリスでパスタ食べたら発狂するよ。
日本人の私でも発狂しそうだから(笑)

でも、お寿司にいちご・・・きつい。

★プリさまへ★

王子ね、いつもおもしろいよー。
この手のネタは尽きないんだけど、このおもしろさをそのままに文章にできないのが悔しい・・・。
あー、イギリスももしかしてクタクタパスタ?
アメリカのはね、イタリア人発狂もののクタクタパスタだったよ。
ミートボールが乗っかってるのと、アルフレドーソースという名前のクリーム系のパスタしか食べたことない。
とにかく激マズ・・・。

あっ、おかずにフルーツ入れちゃダメ派だったね。
実はこのイチゴ寿司、美味しいのよん♪
非公開コメント

プロフィール

あね

Author:あね
ごはんを作る、服をつくる、マイペースです。

簡単ソーイング

袋物の作り方を解説しています。入園・入学の準備にお役立てください。

巾着袋の作り方

裏地付き、マチ付き、折りマチなど、いろんな巾着の作り方を詳しく解説。

ファスナーポーチの作り方

裏地つきのファスナーポーチの作り方を詳しく解説。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を一覧する

人気のレシピ♪
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
お気に入りブログの更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。