スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア人の朝ごはん

今日はちょっとごはんブログをお休みして、イタリアの朝ごはんについて紹介します。

イタリア人の朝ごはんといえば、カップチーノやエスプレッソと甘いパンまたはお菓子。

えーっ、朝から甘いパン?!

なんて思われるかもしれないんですが、イタリアではこれが定番の朝ごはんです。

日本のパンだったら、菓子パンとかデニッシュっていうのかな?

今日はコルネットやブリオッシュと呼ばれる、イタリアのパンの紹介です。



Bar バール


街のあちらこちらにあるバールはイタリア人の憩いの場


イタリア人の多くは、バール(伊語 Bar)という日本でいえばコーヒーショップのような場所で朝ごはんを食べます。

バールは朝から晩まで開いていて、お昼はパニーノやサンドイッチ、サラダやパスタなどがあり、お昼すぎにはちょっと休憩でコーヒーやジェラート、ケーキなどを食べたりと、いつも人で賑わうイタリア人の憩いの場です。

ちょっと写真では小さいですが、時計の下にいる男性がバリスタといってコーヒーを作るプロの人。

朝の忙しい時間でも、オーダー通りのコーヒーをさっと出し、テキパキと仕事をこなしていく様子はさすがプロ。

注文通りのコーヒーを出すのだけは、イタリア人早いなぁって思います。(笑)



Cappuccino カップチーノ


私の朝の定番はカップチーノ


イタリアのコーヒーは、日本で飲むコーヒーとは味も種類も全然違います。

シューッと圧力をかけて抽出するコーヒーは、とても濃いけど、すごく美味しい!

日本でもイタリア式のコーヒーを出すところは増えてきていますが、水や機械が違うせいなのか、イタリアで飲むような美味しいコーヒーに出会ったことがありません。

上手く説明できないけど、日本のコーヒーとは全く別の物って思った方がいいです。

イタリアのコーヒーについては、日伊文化協会のがっちゃんがとっても詳しくブログに書いてらっしゃいましたのでぜひこちらをご覧ください。→イタリア人のコーヒー好きを示す一品



はい、ではここから朝に食べたパンたちです♪


クリーム入りのコルネット


Cornetto con la crema クリーム入りのコルネット


私はこれが一番好き♪

コルネットはクロワッサンのこと。

その形から、フランスでは三日月の意味のクロワッサン(仏語 Croissant)、イタリアでは小さい角という意味のコルネット(伊語 Cornetto)と呼ばれています。

私がいつも食べていたお店のコルネットは、とっても軽くって、バターを使ってないのかな?って思うほどです。

クリームは生クリームではなく、カスタードクリームのようなもの。

日本でよくあるクロワッサンにカスタードクリームが入ってたりしたら、たぶん重すぎて朝には向かないと思うんですが、イタリアのコルネットはさくさくっとしていて、カスタードクリーム入りでも全然平気。

ボンバ(Bomba)っていう、↑を巨大にしたのもあるらしいんだけど、まだそれは食べたことがありません。(笑)



クリーム入りのブリオッシュ


こちらはカスタードクリーム入りのブリオッシュ


フランスのブリオッシュとはちょっと違います。

コルネットの角の部分がないだけで、コルネットと味は同じだと思います。

私はこんな違いがあるなんて知らなかったのですが、バールのイタリア語という本に書いてありました。

あと以前に聞いた話では、ローマよりも北の方だとコルネットのことをブリオッシュとかクロワッサンと呼ぶんだとミラノの人が言ってました。

ヨーロッパは陸続きなので、他の国と隣接している地域は文化が混じっていたり、言葉もちょっと違うんですよね。



チョコレートクリーム入りのコルネット


これはチョコレートクリームが中に入ってます


これはチョコレートクリームですが、ヌテラ(伊語 Nutella)と言うイタリア人が愛してやまない、ヘーゼルナッツのペーストが入っているのもあります。

今日は食べたいなーと思ってバールに行ってもいつもない...。

大人気で早く行かないと売り切れちゃうのかな?



カスタードクリーム入りのパースタ


小さいコッペパンくらいのパン


私は注文するときいつもコルネットって言ってたんですが、コルネットでもブリオッシュでもないパンはパースタ(伊語 Pasta)と言うそうです。(バールのイタリア語より

スパゲッティやペンネもパスタだし、粉で作ったお菓子もパスタ、○○ペーストもパスタなんですよ。



カスタードクリーム入りのパースタ


中にはクリームが入ってました


いつも食べてるコルネットに入ってるクリームはトローリなんだけど、こちらはちょっと硬めのクリームでした。

私はトローリクリームの方が好きです♪



チョコレートチップ入りのパースタ


平たいパン生地にチョコチップがはいっているもの


朝も10時を過ぎるころにバールに行くと、コルネットなんかは売り切れになってしまってます。

なんかこれ、思い出せないんだけど、日本でも食べたことがあるようなパン。



チョコレートチップ入りのパースタ


中はこんな感じで、思ったより軽い生地です


写真がなかったんですが、あと他にはジャム(伊語 marmellata)入りのもあります。

ジャムとかクリームとか朝からちょっとという人は、こういうのを選ぶといいかも。



チョコレートチップ入りのパースタ


同じパンでもお店によってそれぞれ


上のパンは全部同じバールのものですが、これは別のバールで食べたチョコチップ入りのパン。

上のは渦巻き状の生地だったけど、こちらのは層になっていて、もっと表面がパリパリしてました。



プチケーキとクロスタータ


Bar Pasticceria お菓子屋さんを兼ねたバール


看板に"Pasticceria"と書かれているお店はお菓子屋さんです。

今日ブログで紹介しているお店はお菓子やケーキも売っているバール。

上の段にあるケーキがクロスタータと言って、中にジャムが入っているタルト。

下の段は小さめのケーキです。



ホテルで朝ごはんを食べるのもいいけど、バールのコーヒーはとっても美味しいし、作りたてのコルネットも食べられますので、ぜひバールに行ってみてください。


バールのイタリア語バールのイタリア語
(2009/08/01)
奥村 千穂

商品詳細を見る


こちらはフィレンツェ田舎生活便り2という私の大好きなブログのChihoさんが書かれたバールの本です。

イタリアといえばバールというくらい、イタリアに行ったら足を運ぶ場所なのに、なかなかガイドブックにはバールのことが詳しくは載っていないですよね。

こちらの本にはとっても詳しいバールの利用方法や、オーダーの仕方が書いてあって、イタリア旅行に持っていくのにお勧めの本です。

今回の記事を書くのにも参考にさせて頂きました。



ちょっとおまけに、緑茶にまつわる面白いお話。
恥ずかしながらかなり昔に書いた、とってもへたくそなイタリア語の作文です。
日本の緑茶はイタリアにも普及してきたらしく、さがせばティーパックのお茶が売っているらしいです。

緑茶は健康にもよいというので、緑茶のサプリメントなんかもあるらしいですよ。



これはイタリアではなく、アメリカに留学していた頃に日本料理店へ行ったときのお話。

アメリカ人のご夫妻が、緑茶をオーダーしたんですが、日本では考えられないような緑茶の飲み方をしていて、友達と声を殺して笑いました。

自分で書いた文章なんですが、日本語にしたらちっとも面白くなかったので、間違いだらけで恥ずかしいですが、イタリア語で...。



Un te` verde, per favore!


Hai mai bevuto un te` verde? In giappone lo beviamo spesso. Questa e` la mia storia di quando sono andata in un ristorante negli USA.

La mia amica non e` mai stata in un ristorante giapponese, e siccome lei voleva mangiare Tempula ci siamo andate. Era la prima volta che ci andavamo, perche' la cucina giapponese e` molto costosa per noi. Abbiamo ordinato due soba e un Tempula.

Ho mangiato un soba dopo tanto tempo. Sono buoni sia il soba, sia il Tempula. In quel momento e` arrivata una coppia di vecchi.

Una cameriera ha detto; "Buona sera, signori. Che cosa prendete?"
Loro hanno risposto; "Due te` verde, per favore."
La cameriera ha chiesto; "Usano lo zuchero e il latte?"
Loro hanno risposto; "Si`!"

Sono rimasta sorpreso! In giappone, quando beviamo i te` verde, non usiamo ne` lo zuchero, ne` il latte.

Hanno versato lo zucchero e il latte, e poi dopo bevuto il te` verde. E hanno detto; "Buono!"

E' stato molto strano per me, ma sono cose che capitano. Per esempio, per i giapponesi e` come bere cappuccino dopo che mangiamo la cena!


Caffe エスプレッソ


夕食後はCaffe`にした方がよろしいですよ♪

関連記事

テーマ : イタリア   ジャンル : 海外情報

うわーーー

文中リンクありがとうございました。
あとトラックバックもありがとうございます。
そうですかあの「バールのイタリア語」はchihoさんの本だったんですね。
どうしようかと思ってたんですよ。
私はやっぱりヌテッラ入りが好きです。
それ以外食べないっていうぐらい。
ジャム入りはベタベタするし(ヌテッラもするんですけれどね)
カスタードはお店によって差が激しくて、バールでは食べますが、ホテルの朝食で出ているのは手に取りませんね。
あとは、ブオートと言って中に入ってないタイプにしています。
チョコチップ入りは、スフォリアテッラみたいに見えますね。
イタリアも北と南で微妙に違っていて楽しいです。

あねサン、こんにちわ~!
アタシも、だんとつクリーム入りですね♪
焼きたては美味しいです~。

緑茶にミルクを入れて飲む人も居るんですね!
砂糖入りは市販のものもあるので、仕方ないと思ってましたが・・・緑茶にミルクは想定外です!!
ミルクティーがあるくらいですから、もしかしたら美味しいのかもしれませんね。
ちょっと試してみたくなりましたwww

★がっちゃんへ★

私、甘いもの大好きでイタリアの甘いパンも平気なので、結構いろいろ食べました。
ヌテラのはいつも食べたいと思っているのに、バールに行く時間が遅いせいか、いつもあるわけじゃないのか、まだ食べれてないです。
ここのお店はイタリア人が週末に連れて行ってくれるところなんですが、クリーム入りのコルネットがすごく美味しいんです。
バリスタのお兄さん(?)も、とってもダンディでカッコいい。(笑)

chihoさんのブログは結構前から見ていて、「バールのイタリア語」が発売されるというのもchihoさんのブログで見て知ってたんです。
語学の本というよりも、バールについてもっと知りたいなぁと思っていたので購入させていただきました。
ユキちゃんもちょこっと載ってますよ。(^-^)

★stella cadenteさんへ★

そうそう!焼き立ての美味しいですよね~!
ここは週末にイタリア人に連れて行ってもらうバールなんですが、クリームがトローンでお気に入り。
あれば絶対にクリーム入りをお願いします。

抹茶じゃなくって、緑茶にだから笑えます!
最初、ウェイトレスさんがコーヒーのオーダーの時の癖で言ってるんだと思ったら、お客さんも「はい。」とか答えてるし、ホントに運ばれてきたら砂糖もミルクも入れて飲んでるし、後ろの席でもう可笑しくって、震えが止まりませんでした。(笑)

そんな私も初めてイタリアへ旅行した時、平気で夕食後にカップチーノ頼みましたから、人のことは笑えないです。(^^;

美味しそうですね~
いいですね~
イタリアを思い出されまた
行きたくなっちゃったのでは??

緑茶にお砂糖ですか~
中国に行った人に聞いたのですが
ペットボトルのお茶を買ったら
どれも甘かったっていってました。
甘茶ってありますよね。
あんな感じだったそうで
粉末の紅茶のお土産をもらいましたが
それも甘かったのでそんな感じなのかなって
思いましたが紅茶と緑茶では苦味が違うので
微妙に違うものですね~
目玉焼きひとつとっても食べ方が違うので国によって食に対する違いがあり
楽しいですよね~

★ココアさんへ★

そうですね、イタリアの朝ごはんが食べたくなったかも♪
日本でも美味しいイタリア料理って食べれると思うんですが、イタリアで飲むようなカッフェやコルネットって、日本で食べたことがありません。
海外で食べる日本食もやっぱりちょっと外国風なので、そんなもんですよね。

ハワイだったかなぁ、お茶が飲みたくてペットボトルのを買ったら甘かったって弟も言ってました。
おにぎりと一緒に甘いお茶が飲めるか~!って怒ってましたね。(^^;
日本でお茶、紅茶、コーヒーの甘くないものは普通に売ってますけど、海外に無糖のものってないような気がします。
スーパーで買うのがお水、牛乳、飲むヨーグルトぐらいなので、探せばあるのかもしれないけど、ほとんどが甘いんじゃないかなぁ。
私たちってお砂糖なしでお茶を飲むことがあたりまえだから、海外のお茶が甘いことに抵抗があるのかも?
日本も無糖の紅茶やコーヒーは、20年前だったらなかったような気がします。(^-^)

こんにちは~

今日は初めてのことが多くて「へ~そうなんだ」って頷きながら読んでました。


イタリア人の朝ごはんといえば、カップチーノやエスプレッソと甘いパンまたはお菓子。

朝からしっかりカロリーなんだね。

優雅だぁ。

でもなんだか太陽の国らしい、味の派手さもイタリアだね☆

自分も毎日は旅行で味わいたいなぁ(笑)

★つばめくんへ★

イタリアでは夕食の時間が遅いから、朝は簡単に済ますんでしょうね。
日本のように朝からしっかり食べるっていう習慣はありません。
だから「ホテルの朝食がパンとコーヒーしかなかった!」なんて不満を言う人もいるんですけど、それがイタリアの定番の朝食スタイルなんですよね。(^^;
日本よくあるバターたっぷりのクロワッサンとはちょっと違うと思います。
つばめくんなら軽く2、3個食べれちゃうんじゃないかな?(笑)

こんばんは♪
イタリアのこと、全然詳しくないので、とーーっても興味深くて面白かったです。
次々に出てくる華やかなパン達に、思わず目を白黒させてしまいました~!
いつか行ってみたいと思っていましたが、あねさんのガイドでますますその気持ちが高まりました♪

素敵~♪

イタリアに行って朝ごはんに甘いパンを食べたくなっちゃっいました!
私も、イタリアはいつか絶対に行きたい国の一つです。
食べ物美味しそうだし、ファッションも素敵だものね~♪

イタリアのこと、こんな風に詳しく教えてもらえると、とっても興味深いです!
ありがとう(*^-^*)

★beanpasteさんへ★

私も撮った写真を集めながら、いろいろあるなーと思ってたところです。
もちろんサンドイッチとかもあるんですよ、でも朝からしょっぱいものを食べるなんて!というのがイタリア人の考え方なので、郷に入れば郷に従えで、私も外では甘いパンの朝食をいただいてます。
私はローマばっかりなんですが、田舎の方ではアグリツーリズモっていう、農家の方がやっている宿に泊まって、イタリアの田舎を満喫っていうスタイルが増えてます。
私もまだ未体験なんですが、イタリアのマンマが作るイタリア料理を食べたりできるみたいで、一度行ってみたいです。(^-^)

★めいちゃんへ★

イタリアも日本のように南北に細長い国だから、北と南ではずいぶんと雰囲気が違います。
北の方が都会的で、南にいくにつれて陽気になっていく感じ?
私はまだ南の方をよく知らないので、南イタリアもゆっくり見てみたいです。
私も甥っ子や、弟夫婦を連れていつかイタリア旅行したいなー。

平気だよ~

私ガッツリ御飯とかよりは
コーヒーと甘いパンの方が食べやすいかも ( 笑 )

美味しいカプチーノなんかだったら
より一層楽しめそうだわ~

★komomoさんへ★

私も朝から甘いパンは平気。
というか、我が家に朝、米を食べる習慣がないなぁ。
朝はパンって決まってた。

朝からエスプレッソだときついし、ラッテだと重いので、カップチーノくらいがちょうど良い感じ。
猫舌なのでイタリア式のカップチーノの温度がうれしいです♪
非公開コメント

プロフィール

あね

Author:あね
ごはんを作る、服をつくる、マイペースです。

簡単ソーイング

袋物の作り方を解説しています。入園・入学の準備にお役立てください。

巾着袋の作り方

裏地付き、マチ付き、折りマチなど、いろんな巾着の作り方を詳しく解説。

ファスナーポーチの作り方

裏地つきのファスナーポーチの作り方を詳しく解説。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を一覧する

人気のレシピ♪
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
お気に入りブログの更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。