スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おじゃみ 神狛しず

京都怪談 おじゃみ (幽BOOKS)
神狛しず
メディアファクトリー 2010-05-19
古民家に暮らす妻、由緒ある家に嫁いだ若奥様、古くからの町家で祖母・母と暮らす妙齢の女性、京都の大学生、女子高の生徒…。さまざまな「京おんな」の生きざまを描く六つの怪異物語。『ダ・ヴィンチ』『幽』主催第4回『幽』怪談文学賞短編部門大賞受賞作。


京都へ旅したあと、なんだか京都を舞台にした話や、時代物が読みたくなって、何冊か図書館で借りてきました。

表紙に「京都怪談」とは書いてあるものの、挿絵はなんだか可愛らしいし、タイトルの字もマンガチック。

この本が「第四回『幽』怪談文学賞 短編部門大賞受賞作」だなんて露知らず、ちょっと笑える短編集なのかなぁぐらいに思ってました。


やられた・・・。


強烈です、超強烈です!

でもかなり面白いです。

「おじゃみ」に関して言えば、面白いなんていうこと事態不謹慎だと"普通なら"言われる内容なのに笑えてしまう...。

でも怪談なんです、大賞受賞作なんです。

だから怖いことは、怖いのです。

なんだろう、たとえて言うなら、怖いのに気になる、どうしてもページを捲ってしまう、、、


楳図かずおの漫画的!


自分ではうまく伝えられないこの心情、巻末にあった高橋葉介氏の選評がそのまま代弁してくださっていました。


「おじゃみ」は京言葉で語られる、何とも人を喰った怪談、ついついお茶のCMで京言葉を使う宮沢りえを思い出し、映像化するなら彼女に『悪魔の様なお母さん』を演じてもらいたいものだと思います。
この母親のキャラクター、最高です。
「図にのるな」と大きく振りかぶって大黒柱におじゃみちゃんと投げつけ打ちつけ気絶させたあげく火を放ち、生き埋めにする描写はもう残酷とかを通り越していっそ笑えます。


ね、怖いでしょう?


私はすっかりはまってしまいました。


短編集なので、この1冊に6つの話が収録されています。

どの話もものすごーく人間くさく、主人公はみな京女でしてね、どのお話の女性も「ひーーーっ、京女って怖っ!」と思ってしまうような個性的な方々が登場します。

「おじゃみ」はその坦々とした冷酷さ、醜悪さではぴかイチですが、私が一番好きな(?)話は「増殖」です。

怪談でありながら面白く、恋愛物でもあり、光景はすさまじく恐ろしいのに、最後は爽やかな気持ちになるという、私てきにはツボでした。


オチだけで言ったら「前妻さん」も捨てがたく、いやぁ、とにかく面白かった!


短編部門での大賞は、他に「住処」谷一生(単行本化にあたり「富士子」に改題)という作品もあり、こちらも選評を読むと面白そうなので、次はこちらを読んでみようと思います。

秋の夜長にホラー、いかがですか?
関連記事

テーマ : 読書メモ   ジャンル : 本・雑誌

あねちゃん、こんばんは~♪

あちこち日本中を旅してたの?
すてきーーーっ!!i-234
私は結婚してから旅らしい旅してないから
ほんとうらやましいです。
たまには一人旅で現実逃避したいわー。(爆)

おじゃみ、って面白そうですね~!
私もホラー好きなんです。ウフフ。
本屋さんで見つけたら読んでみますねっ!!

★さんぽねこさんへ★

こんばんは~♪
私もこんなに日本国内いろいろ見て歩いたのは初めてかも!
いろいろとつまみ食いしながらののんびり旅行、リフレッシュできました。(^-^)
今は一番紅葉の美しい時期なので、一人旅なんて言わずに、どうぞ旦那様とお出かけしてくださいませ♪(笑)

おじゃみ、超おすすめです!
京女の怖さ、サイコーですよ。くくくっ(笑)
非公開コメント

プロフィール

あね

Author:あね
ごはんを作る、服をつくる、マイペースです。

簡単ソーイング

袋物の作り方を解説しています。入園・入学の準備にお役立てください。

巾着袋の作り方

裏地付き、マチ付き、折りマチなど、いろんな巾着の作り方を詳しく解説。

ファスナーポーチの作り方

裏地つきのファスナーポーチの作り方を詳しく解説。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を一覧する

人気のレシピ♪
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
お気に入りブログの更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。