スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

触れていたい気持ち

先日にまた大きな地震。

今回も揺れがおさまると同時に停電、深夜だったので暗闇の中、懐中電灯を片手に寝場所を1階に移しました。

あの震災から約ひと月、また数日電気が来ないことを想定して、温水器に残っていたお湯を湯たんぽに詰め、暗闇の中ロウソクを灯し、不安な気持ちでラジオを点けました。



何よりも心配だったのが津波。

もうこれ以上人が死ぬことは考えたくないです。

しばらくして大きな津波が来ないということが分って少し安心しましたが、がくっと気持ちが落ちました。



ただでさえ、福島原発の汚染水の放出のニュースに気持ちが落ち込んでいたところにこの地震。

幸い電気は翌朝には復旧しましたが、今回の揺れは津波こそ来なかったものの、建物への被害が大きく、また断水も各地で起こっています。

被災地でなくとも、こういう時にテレビで連呼される「頑張ろう」はしんどいですね・・・。



ブログで仲良くさせていただいてるめいちゃんのブログで、被災地の子供達に「スクールバッグ」を送る活動を知りました。

1000枚を目標に募集したところ、たった5日で3000枚以上が集まり、さらに全国から手作りのバッグが集まっているそうです。

私も停電する前に3枚を完成させていて、電気が復旧してから残りの3枚を縫い上げて、今日事務局に発送しました。

メッセージも添えてよいとのことでしたが、励ましたい気持ちがあっても言葉が見つからなくて、「思い」だけこめて送りました。


スクールバッグ





被災した子供達を思ってバッグを縫ったはずですが、結局自分の手が触れる距離で何かをしていたい、そうでもないと自分の気持ちを保てないんですよね・・・。

自分の友達に電話をするのに「もしかしたら・・・」と怖くて出来なかったり、2週間も経ってから「そっちはどうだった?」って連絡が来たり。

被災地から程近いので、こちらに火葬をしに来られている方に遭遇することもあり、自粛しているのではなく、やっぱり気持ちが追いつかないのです。

もちろんテレビを見て笑ったり、楽しく会話をしたりしているのに、突然洗濯物を干しながらボロボロ涙が出てきちゃったりして、弱いな、私。



話は変わるけど、

「思いはみえないけど、思いやりは見える」

って、このCMなんか気に入りません。

「思いやり」って人に見えるようにするものじゃないし、私はむしろ思いやる相手が気を遣わないように、気づかせないように出来るだけのことをします。

「思い」こそ見せるべきだし、大切なのは行動です!



なんて、ちょっと息巻いてみたりして。(苦笑)

まとまりのない文章ですいません。

弱音もたまには吐かないと、長期戦に持ちこたえられません。(^^;
関連記事

テーマ : 日々のつれづれ   ジャンル : 日記

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

あね

Author:あね
ごはんを作る、服をつくる、マイペースです。

簡単ソーイング

袋物の作り方を解説しています。入園・入学の準備にお役立てください。

巾着袋の作り方

裏地付き、マチ付き、折りマチなど、いろんな巾着の作り方を詳しく解説。

ファスナーポーチの作り方

裏地つきのファスナーポーチの作り方を詳しく解説。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を一覧する

人気のレシピ♪
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
お気に入りブログの更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。