スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? 志賀内泰弘

なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか?
志賀内 泰弘
ダイヤモンド社
主人公はとあるサラリーマン。公園でみかけた「ゴミ拾いをする老人」との出会い。たった1つの空き缶を拾ったことから、人生が変わりだす。実話をベースとした日本初の「そうじ小説」。

主人公は、とあるサラリーマン。公園でみかけた「ゴミ拾いをする老人」との出会い。たった1つの空き缶を拾ったことから、人生が変わりだします。なぜ「そうじ」をすると人生が変わってしまうのか?それは…、「ゴミを1つ拾う者は、大切な何かを1つ拾っている」からなのです。


「ひとつ前のどよんと落ち込んだ日記の次は啓蒙本?」と思われてしまいそうですね。(苦笑)

あれから図書館に本を返却しに行って、手ぶらで帰るのもなんなので、新刊本の棚にあったのをひとつ選んできたのがこの一冊。

「人生を変える」ということにはまったく興味がないけれど、なんせ私は「拭き掃除マニア」でして、地球に優しい掃除用具も日々追求しているうえに、掃除に関する本も大好きなのです。

まぁ、新刊の棚にこれといって興味をそそる本が他になかったからというのが借りてきた本音ですが、これがこれが、


すごくよかった~!


ひと晩で読み終えて、翌日からせっせとお掃除。

先週末もずっとお掃除してました。

おかげで「心の澱」もお掃除できて、


気持ちに渇が入りましたよ!


この本はお掃除の方法について書かれているのではなく、ましてやお金持ちになる方法についても書かれてません。

掃除をすることで見えていなかったことに気づいたり、小さなことの積み重ねが決して無駄ではないということを教えてくれます。

あんまり熱弁するとまるで洗脳されちゃったように思われそうですが、「やらないよりもやったほうがいいでしょう?」っていうごく当たり前のことが書いてあるんだけど、読み終わったあとに「そうだな、頑張ろう!」って気分になっちゃう本当に良い本でしたよ。(笑)

日々、鬱々とした気分でいた私にはぴったりでした。


この本に出てくる川の掃除の話、ちょっと記憶が定かではないのですが、テレビで確かに見たことがあります。

海外の話だったと記憶しているんだけど、日本だったのかな?

そのテレビで紹介されたお話も、とても感動的で素晴らしかったです。(そのわりに記憶があやふやですが。汗)


本は「ゴミ拾い」に例えてますが、小さなことの積み重ねが大きな力になるということを気づかせてくれる1冊です。

私のように、何かしたい、何かしたいと思いと裏腹に行動が空回りしちゃっている人にはぴったりの本。

きっと自分に出来る何かを見つけられます。
関連記事

テーマ : 読書メモ   ジャンル : 本・雑誌

うん、読んでみる。
掃除しないといけない状態だから・・・

★puriさまへ★

あはは!読んだほうがいいよ~、掃除したくなるから!(笑)
最近くしゃみがすごいと思ったら、今ってすごく花粉が飛んでるらしい。
お花見したいのになー。

はじめまして♪

ブログを読んだら
モーレツにこの本が読みたくなりました!!笑*
そろそろ部屋掃除もしなくてはいけないので
さっそく本屋さんに行ってみたいと思います^^

紹介ありがとうございます♪

★ASILさんへ★

コメントありがとうございます♪
今年はGWの予定がなくなってしまったので、私もはりきってお掃除する予定です(笑)
この本、読むとやる気がふつふつとわいてきます。
掃除に限らず、ちょっといい話が載ってますのでおすすめです。(^-^)
非公開コメント

プロフィール

あね

Author:あね
ごはんを作る、服をつくる、マイペースです。

簡単ソーイング

袋物の作り方を解説しています。入園・入学の準備にお役立てください。

巾着袋の作り方

裏地付き、マチ付き、折りマチなど、いろんな巾着の作り方を詳しく解説。

ファスナーポーチの作り方

裏地つきのファスナーポーチの作り方を詳しく解説。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を一覧する

人気のレシピ♪
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
お気に入りブログの更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。