スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンテオンとロトンダ広場

Pantheon パンテオン


古代ローマ建築で世界最大の石造りの建物


トレヴィの泉からトコトコと10分くらい歩くとパンテオンに到着です。

名前はよく聞くけど、コロッセオやトレヴィ、スペイン階段に比べると、テレビでもあまり紹介されないんですよね。

でも実際に行ってみると、「大昔にどうやって作ったんだろう?」と思わずにはいられないくらいすごい建物です。


パンテオンの内部


円形の建物の内部には、イタリア国王のお墓などがあります


全部石で出来ているので、ひんやりとした建物の内部には、イタリア国王ウンベルト1世の墓、そして初代国王ヴィットリオ・エマヌエーレ2世の墓、そして聖母子像で有名なラファエッロのお墓があります。


ヴィットリオ・エマヌエーレ2世の墓


ヴィットリオ・エマヌエーレ2世の墓


日本人の私には、絵画で有名なラファエッロのほうが偉大なような気がしてしまいますが、イタリア人はそんなものには見向きもせず、こちらのイタリア統一を成し遂げたヴィットリオ・エマヌエーレ2世のほうがすごい人という認識らしいです。(当然ですね 笑)


パンテオンの天窓


上を見上げるとぽっかりと窓が開いて光が差しています


建物の光源は、この天井に開いた窓だけで、時間によって光が指す方向が変わります。

窓といってもガラスはなくて、本当にぽっかりと穴が開いているんです。

もちろん雨が降ったら建物の中にもお水が入ってくるんですよ。


雨はここから抜けていきます


こんな穴が床のあちらこちらに...


建物の真ん中あたりの床には、こんな穴が開いている場所がいくつかあります。

降ってきた雨は、ここから床の下へと流れていきます。

歴史的建築物なのに、雨が降ったら雨ざらしなんですね。

ちょっとびっくり!



人気ブログランキングへ
いつも見に来てくれてありがとう↑ポチッと応援お願いします♪



ローマはバスやトラム(路面電車)がたくさん走っていますが、結構ゆっくりと歩いて回っても遠くない場所に名所が点在しています。一日でたくさんの場所を回りたいときは、バスとトラムと地下鉄に使える1日券が3ユーロなので、それを買うと便利です。チケットは駅の自動販売機で買えますので、イタリア語がちょっと...という人は、駅で買うと安心です♪

1回券、1日券、3日券...と、いろいろ種類があるので用途に合わせて。ただし1回券は刻印する機械を通してから75分間使えますが、地下鉄には1度しか乗れないので要注意。



パンテオンの前はロトンダ広場です。

ロトンダ広場


ロトンダ広場のオベリスク


昔のローマ皇帝がエジプトからローマに運んだオベリスク。

ローマの街の主要箇所には、必ずといっていいほどこれが立っています。

そしてローマのいたるところにあるのが噴水。


ロトンダ広場 噴水の像


なんでこんなに顔が怖いんでしょう...


知らず近づくと、ぎょっとするほど怖い顔です。

目がギョロギョロしていて、魔よけ?


噴水で水浴びする鳩


鳩と犬は、噴水のある公園のいたるところに出没します


この日はとてもいいお天気で、鳩がいっぱい噴水で水浴びしていました。

ここじゃないけど、大きな犬を4匹も連れたおじさんが、自分の犬を次々と噴水にどぼんと入れて、犬に水浴びをさせている姿も。(笑)

一匹、水が嫌いなのがほふく前進で逃げようとしていたのが可笑しかった~。


名古屋のしゃちほこに見えます


水を噴出してるけど、名古屋のしゃちほこに見えます


これは魚なのかなぁ。

しっぽが上にぎゅんと上がっている姿といい、名古屋のしゃちほこみたいです。

なんか縁起がいいのか?!

【2009年4月25日(祭日) ローマの街を探索】



人気ブログランキングへ
ながながと旅日記が続いていますが、読んでくださりありがとうございます♪
関連記事

テーマ : 海外旅行記   ジャンル : 旅行

非公開コメント

プロフィール

あね

Author:あね
ごはんを作る、服をつくる、マイペースです。

簡単ソーイング

袋物の作り方を解説しています。入園・入学の準備にお役立てください。

巾着袋の作り方

裏地付き、マチ付き、折りマチなど、いろんな巾着の作り方を詳しく解説。

ファスナーポーチの作り方

裏地つきのファスナーポーチの作り方を詳しく解説。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を一覧する

人気のレシピ♪
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
お気に入りブログの更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。