スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏地付き巾着 ~お弁当袋~

裏地付き巾着の作り方 お弁当袋


基本の巾着をアレンジすると、こんなお弁当袋になります


マチ付き巾着袋の作り方(裏地付き)でお弁当袋を作るのに丁度いいサイズを紹介します。

お弁当箱 楕円形の標準的なお弁当を入れるのに
 丁度よいサイズ。
 写真は二段重ねのもの。
 小さいサイズは一段用、
 大きいサイズは二段用。


裏地付き巾着袋 お弁当袋 一段用 小さいサイズ
 縦15cm×横15cm×マチ10cm ←立体にした寸法に訂正しました

 布地(縫代分を含む)
 ・表地 :縦46cm×横28cm 1枚
 ・裏地 :縦46cm×横28cm 1枚
 ・ひも :75cm 2本
 ※接着芯:6cm×8cm(なくてもOK)


裏地付き巾着袋 お弁当袋 二段用 大きいサイズ
 縦20cm×横15cm×マチ10cm ←立体にした寸法に訂正しました

 布地(縫代分を含む)
 ・表地 :縦56cm×横28cm 1枚
 ・裏地 :縦56cm×横28cm 1枚
 ・ひも :75cm 2本
 ※接着芯:6cm×8cm(なくてもOK)


用意する布地のサイズの計算方法
 縦:[高さ×2]+[マチ]+[縫代3cm×2]
 横:[幅]+[マチ]+[縫代1.5cm×2]

↑上の分量で布を準備すれば、マチ付き巾着袋の作り方(裏地付き)での巾着袋が出来ます。


写真のように表布に2種類の布を使う場合、次のようにすると仕上がりがキレイです。

→続きを読む

テーマ : 手づくりを楽しもう   ジャンル : 趣味・実用

高野豆腐の梅味噌炒め

高野豆腐の梅味噌炒め


カリっと焼いて、お味噌はちょっと焦がし加減がおいしい


梅みそ風味の厚揚げを高野豆腐でアレンジ。厚揚げでも美味しいけど、カリッと焼いた高野豆腐が香ばしくてこちらもまた違った美味しさ。高野豆腐を常備していれば、もう一品ほしい時に手軽に出来ますよ。ではさっそく作り方~。

【材料】
高野豆腐.....2枚
油.....適量
白だし.....小さじ1 (和風だし+お醤油少々でもOK)
片栗粉.....適量

(合わせ調味料)
・梅干.....1個
・味噌.....大さじ1
・砂糖.....小さじ1
・酒.....大さじ1

【作り方】
  1. 高野豆腐はぬるま湯で戻し、ぎゅっと絞って水気を切ります。
  2. 1枚を4等分にして、白だしを加えて手で軽くもみ、下味を付けます。
  3. 2の表面に片栗粉をまぶします。
  4. フライパンに油を少量引き、中火にして、高野豆腐を焼きます。
  5. 菜ばしでひっくり返しながら、両面、側面を焼きます。
  6. 一旦火を止め、合わせ調味料を加え、高野豆腐に和えます。
  7. 弱火にして、ゆっくりと両面を焼きます。少し焦げ目があるくらいが美味しいです。
  8. 器に盛って出来上がり。


高野豆腐の梅味噌炒め


フライパンに少しだけ油を敷いて高野豆腐を焼きます




高野豆腐の梅味噌炒め


ひっくり返して両面、側面も軽く焼くのがおすすめ




高野豆腐の梅味噌炒め


フライパンの火を止めてから、梅味噌を入れて和えます




高野豆腐の梅味噌炒め


弱火でゆっくり、ちょっとお味噌が焦げたくらいが美味しい




高野豆腐の梅味噌炒め


あったかいうちに、ご飯と一緒に召し上がれ♪


高野豆腐は煮物に使うものって思われがちだけど、こんな風に焼いて、味付けしたほうが美味しいと思う。

下味を付けることで、ジューシーで噛んだ時にパサパサした食感もなくなるし、ダイエット中には十分メインに出来ますよ。


昨日のホワイトデー。甥っ子がお返しに箱いっぱいのチョコレートをくれました。ありとあらゆるメーカーのチョコが詰まっていて、3キロ以上はありそう。「どれから食べる?次はどれにする?」なんて言いながら、3枚くらい食べちゃった!マンゴー味が美味しかったよ♪

テーマ : 簡単レシピ   ジャンル : グルメ

夜市 恒川光太郎

夜市 (角川ホラー文庫)「夜市」 恒川光太郎 (角川ホラー文庫)

角川グループパブリッシング 2008-05-24
売り上げランキング : 34855
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る

本の概要
大学生のいずみは、高校時代の同級生・裕司から「夜市にいかないか」と誘われた。裕司に連れられて出かけた岬の森では、妖怪たちがさまざまな品物を売る、この世ならぬ不思議な市場が開かれていた。夜市では望むものが何でも手に入る。小学生のころに夜市に迷い込んだ裕司は、自分の幼い弟と引き換えに「野球の才能」を買ったのだという。野球部のヒーローとして成長し、甲子園にも出場した裕司だが、弟を売ったことにずっと罪悪感を抱いていた。そして今夜、弟を買い戻すために夜市を訪れたというのだが―。第12回日本ホラー小説大賞受賞作。

昨年の9月に、がっちゃんがブログで紹介していらした本で是非読んでみたいなと思っていた一冊。

小説ってよく長々と人物描写や背景が書かれていて、序盤は退屈だったりするものですが、冒頭から一気に話の世界に入り込める文章で、淡々とした文体でありながら情景が鮮やかに思い浮かんできます。

ホラーというよりは夢物語のようなお話で、かすかに記憶に残っている、幼い頃に恐れていたものを思い出します。



「夜市」と「風の古道」という2編の短編が入っていて、私は「風の古道」の方が面白かったです。

もちろん「夜市」も面白かったのですが、話は子供の頃に図書館で読んだ、イギリスあたりの妖精物語に似たようなのがあったなぁという感じ。

でもその舞台が日本で、さらに現代ともクロスしていて、ぐっと話に引き寄せられる。

音はなく、暗闇に色彩だけが浮かんでるのって、綺麗だけどちょっと怖くないですか?

なんかそんな世界観です。



もうひとつの「風の古道」は本当に面白かった。

子供が道に迷う、そして何年後かに好奇心でまたその道を見つけて入ってしまう、そこから始まるすべての出来事が思いがけない形で繋がっていく・・・。

こちらは話の展開が予想できなくて、どうなるんだろうと不安になります。

時折ぞくっとするような描写があって、それがまた上手い。

読み終わってすぐ、もう一度読み返したいと思わせるお話。

久々にお気に入りの作家が増えました。


読んで面白いと思った作家さんの作品は、過去の作品も全部読んでしまいたくなる性質。いつもなら図書館に行って借りてくるんだけど、ただいま市の図書館が移築中なもので、本はブックオフに定期的に足を運んで探してます。手帳に「見つけたら買う本リスト」を作っていて、この「夜市」も読みたい本の筆頭に合ったのですが、なかなか棚に並ばず、先月ようやく入荷(?)されて読むことが出来ました。
ブックオフはもっぱら100円のコーナーを物色。でも読みたい本が下巻しかなかったり、高い方の棚にはあるのにってことが多くて悔しい。早く図書館完成して~。

テーマ : 読んだ本の紹介   ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

あね

Author:あね
ごはんを作る、服をつくる、マイペースです。

簡単ソーイング

袋物の作り方を解説しています。入園・入学の準備にお役立てください。

巾着袋の作り方

裏地付き、マチ付き、折りマチなど、いろんな巾着の作り方を詳しく解説。

ファスナーポーチの作り方

裏地つきのファスナーポーチの作り方を詳しく解説。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を一覧する

人気のレシピ♪
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
お気に入りブログの更新情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。